室内

ウッドデッキ材は比較して選ぶのがベスト!

室内

床のコーティング

フロアコーティングは種類によって費用や特徴が異なるため、使用環境に適した種類のフロアコーティングを選びましょう。フロアコーティングの種類でおすすめなのはUVコーティングで、耐久性が高く施工も短時間で終わるため、気軽に業者に依頼できます。

床

傷やシミを防ぐため

フロアコーティングにより、床は傷やシミのつきにくい状態になります。特に、瞬間硬化するUVフロアコーティングには需要があります。ただし事前に、汚れや古い塗膜をしっかりと除去する必要があります。こういった下地処理を含めて、料金は1平米で5千円ほどとなっています。施工範囲が広い場合、単価は安めになります。

材質選びが重要です

ウッドデッキ

特徴を知り選択する

自宅にウッドデッキを設置するためには、素材選びから始めなければなりません。ウッドデッキを設置する場合、面積や形状などに気を取られ、ともすると素材選びがおろそかになることもあります。ウッドデッキ材にもいろいろな種類があるので、それぞれの性質を比較して選ぶことが大切です。ウッドデッキ材はハードウッドとソフトウッドに分けられ、硬さや耐久性、価格などが違ってきます。多くは天然素材となるため木目の表情が豊かで重厚感があり、目的に合致する選択をすればどちらにも利点があります。ハードウッドはとても硬い性質を持っており、ウッドデッキ材の中では価格が高めになりますが、20年以上の耐久性があると言われています。素材となる原木は広葉樹となり、木の種類によって耐久性に違いが出てきます。ウリン、イペ、イタウバなどの種類があるので、それぞれの特性を比較して選ぶと良いでしょう。ソフトウッドはハードウドに比べて柔らかい性質を持っており、耐久性ではハードウッドに及びませんが、比較的安く入手することができます。柔らかい分加工がしやすく、また軽いため運搬もしやすいといった特徴があります。パイン、ひのき、レッドシダーなどの種類があり、こちらも製品ごとに少しずつ耐久性や見た目が違っています。ウッドデッキ材といっても数多くの種類があり、価格や耐久性など重視する事柄によって選び方も変わってきます。それぞれの特徴を良く比較した上、目的に合ったウッドデッキ材を選択し施工に入りましょう。

部屋

注目のフローリング施工

フローリングにUVコーティング施工をすることで、汚れや傷がつきにくく、何十年ときれいな床をキープすることができます。業者に依頼するメリットは、仕上がりが均一でムラがないこと、スピーディに仕上がること、保証がついているので安心であること、が挙げられます。